日越協同組合の公式ホームページです。

日越協同組合 > 人財育成へのこだわり

人財育成へのこだわり

日本とベトナムをつなぐ日越協同組合-人材育成へのこだわり

人財育成へ5つのこだわり

  1. その1

    実習生の人選は面接を三段階で行っております。

    <1次面接>
    履歴書を元に、日越協同組合で行います。

    <2次面接>
    現地にて企業様と日越協同組合で行います。

    <3次面接>
    2次面接の1週間後に日越協同組合で試験と3次面接を行い、合格者を確定します。

  2. その2

    入国までの間、月一度の学習経過報告

    企業様に対しましては、1ヵ月に一度、現地で行う日本語学習等の途中経過報告を行い、また報告をもとに実習生に対して指導をしていきます。

  3. その3

    実習生への24時間相談窓口

    企業様に配属後、当組合では実習生のために24時間相談窓口(ベトナム語対応)を設け、いつでも気軽に相談できる環境を整えています。ベトナム語で相談が出来ることで、実習生本人が安心して詳しく内容を説明することが出来ます。また、企業様、組合側にとっても内容の把握がより詳細に、具体的に出来るようになり、問題の早期解決に繋がります。

  4. その4

    企業訪問によるヒアリング

    配属後の1年間は1ヵ月に一度、実習先を訪問し雇用状況などをヒアリングし、問題がある場合は一緒に早期解決していきます。

  5. その5

    3ヵ月ごとの実習生の人事評価

    3ヵ月に一度、実習生に対して人事評価を行い、改善すべきポイントを指導していきます。

日本企業の抱える問題

企業側にとって、外国人技能実習生を受入れてみたが、言語の問題、価値観や文化の違い、両国間の教育レベルの違いなどから、良好なコミュニケーションが取れず、生産性が上がらない結果に陥るなどの問題があります。

また、その一方では、外国人技能実習生は低賃金で働かされたり、休みなく強制的に労働を強いられる職場もある、といった現状もあります。これでは技能実習生のモチベーションが下がってしまいやはり生産性向上には繋がりにくく、さらにはせっかく日本に憧れて来たのに、日本に対してのイメージを悪くしてしまうということも懸念されます。

この組合が提供する価値

外国人と一緒に働く現場においては、お互いに円滑なコミュニケーションがとれるかどうかということは、生産性の向上、ひいては企業の発展のためには、非常に大事なポイントになるのではないでしょうか。

技能実習生が日本語での会話能力を上げ、作業や生活に関する正しい知識を身に付ける。また、雇用側・技能実習生双方がお互いの文化の違いを理解することにより、良好なコミュニケーションがとれるようになると、職場が活性化され、企業様にとって大きなメリットとなります。

そしてお互いに、「日本は素晴らしい!」「ベトナムは素晴らしい!」と言い合える関係になるように、当組合は日本とベトナムの「架け橋」の役割を果たしたいと願っています。

この組合の強み

教育をきちんと行う。

外国人技能実習生向け 企業(雇用側)向け
日本語教育、日本の文化、価値観、ビジネスマナー等 ベトナムの文化や価値観、人材育成ノウハウ、業務マニュアル作成補助等

※外国人技能実習生を取り扱う組合はほかにもありますが、単なる監理・指導だけでは、労使間でのトラブルが起こりやすくなります。

日本とベトナムの双方がWin-Winの関係に

異国間のコミュニケーションにおいては、双方の文化の違いや価値観、考え方に対する理解がとても大切です。単に労働者として扱うのではなく、双方が気持ちよく実習やその指導ができ、友好的な関係、WIN-WINの関係を築いていけるようなお手伝いをします。

ベトナムに特化している。

発起人がベトナム出身でベトナム事情に詳しく、また、日本文化にも精通している。
ベトナム現地でのネットワークを最大限に活用し、日本企業が求める優秀な人材を確保しやすい。

この組合が目指すもの

受入申し込みから帰国までのフロー

flow

※クリックすると拡大画像が表示されます。

日越協同組合

〒861-8041
熊本県熊本市東区戸島5丁目4-5-2F
EMAIL:info@nichietsu.or.jp